北海道フーズ輸送株式会社

運輸安全マネジメント

平成29年度 北海道フーズ輸送株式会社 運輸安全マネジメントの情報公開内容

  • 平成29年度安全への取り組み

    基本方針
    1. 北海道フーズ輸送株式会社の社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
    2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。
    3. 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。
    重点施策

    輸送の安全を確保する為に

    1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
    2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努める。
    3. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する。
    4. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを確実に実施する。
    5. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正処置又は予防処置を講じる。
    年度方針
    重点項目
    1. 平成29年度交通事故防止の方針
      北海道フーズ輸送㈱に関連する全ての従事者は、輸送の安全を最優先すると共に関連する法令及び社内運行管理規則等を遵守し継続的に事故防止活動を実行して交通事故ゼロを目指す。
    2. 重点項目
      ① 新人(入社3年未満)による事故防止
      ② 構内・後突事故の根絶
      ③ 居眠りの疑いのある事故の根絶」 
      ④ 交通違反の根絶
      ⑤ 冬季型事故防止
    目 標
    1. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故  0件
    2. 平成29年度交通事故削減目標
      (有責事故発生率:有責事故件数/保有車両台数)
      11.8%(平成27年度目標より0.4%高い目標)
    3. H28年度結果
      平成27年度比1.4%増加(H27年度:18.5%、H28 年度19.9%)
    統 計

    自動車事故報告規則第2条に規定する事故
    平成28年度  0件

    安全に関する計画
    1. 交通安全推進委員会の開催(目的:事故分析、対策検討・毎月)
    2. 全国交通安全運動をはじめとした啓発活動への積極的参加
    3. 定期的社員教育、指導者教育の実施  
    4. 社外機関を活用した社員(運転職)教育の実施
    5. 法令遵守事項の確実な実行及び社員支援体制の確立と実施
      ・アルコールチェッカーによる酒気帯びチェックの完全実施
      ・ デジタルタコメーター、ドライブレコーダー等機器のデーター

    分析及び社員教育への活用

    ・点呼時における事故防止への啓発活動の実施
    ・運転者との日々コミュニケーションによる社員の健康状態把握
    ・労務管理の徹底による過重労働(過労運転)の防止 

    安全に関する教育及び研修の計画
    1. 安全大会(フーズ輸送グループ企業)を開催し交通事故防止計画の周知及び年度削減目標等を徹底
    2. 協力会社を対象とした安全会議の開催
    3. 初任運転者特別講習制度変更事項の確実な実行(実車及び実技)
    4. 2カ月ごとに全運転手を対象に安全運転講習を実施。
    5. 冬季時期を前(12月上旬)に新人に対する冬季特性事故防止講習を実施
    6. 外部機関の各種安全運転研修・セミナーへの従業員の参加
    輸送の安全に係る内部監査結果 並びにそれを踏まえた措置内容
    1. 平成28年度実施状況
      内部監査を1件実施し不備事項について改善を促しました。
    2. 平成29年度内部監査実施計画
      各事業所に対して年度内に1回内部監査を実施します。
    統括安全管理者に関する情報

    「専務取締役 渡 邊 博 英」を安全統括責任者として、
    平成25年12月23日付で選任しました。

    安全管理規定・輸送の安全に関する情報の伝達体制等

    ・安全管理規定
    ・指揮系統は安全管理規定の安全マネジメント組織図による

    輸送の安全のために講じた処置及び講じようとする処置
    1. スピード管理を徹底
      デジタル運転日報の確認によりスピード超過者への指導
    2. 乗務前.乗務後のアルコールチェックの確行
      固定式アルコール検知器による検査を実施
    3. デジタルタコグラフの装備化
      ≪トラック≫ 平成16年度以降 100%装備化
       ≪バス≫  平成30年度中に100%装備化予定
    4. ドライブレコーダーの装備化
      ≪トラック≫ 平成26年度以降 100%装備化
             車内カメラ装備率  33%装備化
      (平成27年度末25%)    
       ≪バス≫  平成25年度以降 100%装備化
    5. バックアイカメラの装備化
      ≪トラック≫  61%装備化(H27年度末51%)
       ≪バス≫   平成25年度以降100%装備化
    輸送の安全確保に関する組織

    社内における組織体制により、必要な情報の伝達と共有に努めます。

    輸送の安全に係る処分

    【石狩営業所】
    輸送施設の使用停止(10日車)及び文書警告(平成27年7月27日)
    (1)各営業所に配置する事業用自動車の種別毎の数違反
    (2)特定運転者に対する適正診断受診義務違反
    (3)法人役員の変更未届出違反
    【講じた措置等】
    届出上の不備事項については、速やかに届出を行うとともに、特定
     運転者対象の適正診断につきましては、確認方法を改善し確実に受診
    するように改善しました。
    処分を厳粛に受け止め、運行管理・整備管理の徹底を図り、輸送の
    安全性の向上に努めてまいります。

    その他
    1. デイ・ライト完全実施を推進しております。
    2. 北海道トラック・ドライバー・コンテストに参加し運転手の安全意
      識及び運転技術の向上を図るとともに、会社としての一体感・士気の向上を図っております。
      ・平成28年度参加結果
       4tの部 5名参加・・・・6位、9位
       女性の部 2名参加・・・・4位、6位
    3. 交通事故削減目標達成事業所を表彰した。
      社内事業所  旭川第2センター
      グループ企業 稚内通運株式会社
    4. 無事故無違反従業員を表彰(褒賞)しました。
      無事故無違反15年以上  1名
      無事故無違反10年以上  3名
      無事故無違反 5年以上  4名
    5. 交通事故防止標語の募集を行い優秀者(作品)を褒賞しました。
      応募作品総数 295作品 
      優秀作品 20点を表彰しました。
    6. 従業員家族(小・中学生)を対象とした交通事故防止ポスター募集
      を行い優秀者(作品)を表彰しました。
      応募作品数 6作品
      優秀作品 3作品を表彰しました。 
  • 安全管理規程PDFを見る